プリザーブドフラワー

自身の結婚式の手作りブーケをきっかけにお花に出会い仕事に

株式会社マリアージュカンパニー
フラワーマリアージュの松尾です。

※これまでこのサイトでは結婚式を控えていらっしゃる花嫁様へ、またギフトをご検討されている方へ、プリザーブドフラワーのよくいただくご質問をお伝えしたり、様々なご提案をさせていただいておりましたが、これからは自身の経験を交えながら、プリザーブドフラワーのことをより詳しく楽しくお伝えできればと思っています。

現在はプリザーブドフラワーの教室を開講して6年がたちます。これまでの道のりは短いようで長く、その間たくさんの経験を積み重ねてきました。

お花に出会った時のことは今でも鮮明に覚えています。

プリザーブドフラワーの出会い

私自身がプリザーブドフラワーに出会ったはちょうど6年前。自身の結婚式でした。

博多での結婚式。その後、両親と旅行へ行く計画もあり、遠方のため式場で頼んだ生花のブーケだと枯れてしまう。

そこで色々インターネットで検索して見つけたのがプリザーブドフラワーでした。

当初はお花の知識も経験もなく、自分で作るということは全く想像もしておらず。ただ枯れないお花があるということに惹かれました。

式場で確認してみると、生花と合わせてプリザーブドフラワーを選ぶこともできるとを知りました。

ただ金額は生花の1.5倍。また同じ金額だと随分小さなブーケになってしまう。またあまり気に入るものがなく…。そこで再度、調べて見つけたのが手作りできる教室でした。

「大阪近郊」で「自宅から行ける距離」そして「お花の雰囲気が可愛いところ」を見つけて体験レッスンへ。

一人で知らない場所へ行くということは大変勇気がいりました。今教室を開講していますが、皆様も同じ気持ちだと思います。

はじめての体験レッスン。何もわからないままでしたが、向かったのはお花屋さんのある一角のスペースで開講しているレッスン。

テーブルに案内していただき用意してくださったお花。花材の色は決まっていて、まずは茎を作る作業からのスタート。※プリザーブドフラワーはすべて茎がない状態なので茎を作る「ワイヤリング」という作業をします。

茎を作ったあとはアレンジ。ローズやあじさいを教えていただいた通りに挿して完成。この時は、今までに経験したことのない達成感と喜び、最後のリボンとパールで「かわいい!!」本当に嬉しかったことを思い出します。

※今でも実家では母が大切に飾ってくれています。

帰宅途中、袋の中を何度も眺めながら。また帰宅後は何枚もの写真を撮影しました。

そして。結婚式まで少し時間があったので、自宅から通えるところの教室へ色々と体験レッスンへ行ったのです。

色々な教室の体験レッスンで受講、そしてブーケ制作へ

あまりに楽しかったお花のアレンジ。せっかくならウェルカムスペースに飾ったり、参列してくれる友人にプレゼントできたら、そんな思いで再び、近隣の体験レッスンへ。

たくさんの教室があり、色々な先生方のお話を聞きながら、様々なアレンジを作らせていただいたのです。

結婚式を控えていたので、その頃から「もしブーケを自分で手作りすることができたら」そんな気持ちが湧いてきました。

でも本当に作れるかな?不安いっぱいの中、素敵な先生に出会いました。

体験レッスンをさせていただいたのですが、そこで用意してくださったお花の色合わせやアレンジがとっても好みで。また他の方が作られているアレンジもとっても素敵で。

ぜひブーケをこの先生のもとでお願いしたい!という思いから、手作りを決めました。

式場に連絡をすると持ち込みはOK、また親族のみの結婚式だったのですが、当初依頼していたテーブルのアレンジもキャンセルでき、自分の作ったアレンジを飾ってもいいとのことで、自身で制作する流れとなりました。

早速、希望のイメージを伝え、制作することとなったのです。

はじめてのブーケ制作

ブーケ制作当日。イメージをお伝えしていたお花の色を用意してくださっていました。

制作は「キャスケードブーケ」。色は白ローズをベースにポイントにイエローローズを合わせて。

今も昔も変わらずビタミンカラーが好きです。そのお花を見た時は、本当に嬉しくて、とても楽しみになりました。

一輪一輪、茎を作りながらスタンドに立て、完成するイメージはまだまだわからない状態ですが、お花に触れている時間が楽しかったこと、また少しずつ形になっていく楽しさに心が躍りました。

まったくお花の知識がなくアレンジ経験がないけれど、大丈夫?そんな不安もレッスン当日はすっかり忘れて、ただただ楽しい時間を過ごせたのです。

わからない箇所は優しくフォローしてくださり。自分で思うようなペースで作らせていただけたのもよかったです。

今、ご結婚を控えていらっしゃる花嫁様には、ぜひ体験していただきたいと思っています。

ブーケを手作りするメリットとは?

自分でブーケを手作りする=当初はまったく考えられないことでしたが、いざ経験してみると、愛着が沸くこと、また自身のイメージでブーケが仕上がったのが何よりよかったです。

またプリザーブドフラワーを選んだことで

①生花のようなみずみずしさがあり新鮮
②枯れないお花なので事前準備ができる
③挙式後もずっと飾ることができる

そしてやはりコスト面でも随分抑えることができます。

前撮りをする方はブーケを2つ。前撮り用と当日用が必要になります。

ブーケの平均予算は式場の生花で3万円~、気に入るものを選ぶと5~6万円くらいでした。この金額×2個、

またお色直しのブーケとなるとさらに費用はかさみます。

手作りの場合は3万円前後で好きなイメージのブーケが手作りできます。

(フラワーマリアージュ参考価格)
ラウンドブーケ25,000円/ティアドロップ27,000円/キャスケード35,000円

一生に一度の結婚式、ぜひお気に入りのドレスやブーケで最高の日を迎えていただきたいです。

これからもこのサイトではお花のこと、教室のこと、自身の取り組みなどを少しずつご紹介できればと思っています。

少しのきっかけと出会いで大きく変わります。もしブーケが手作りできることを知らなかったら?一歩勇気を出して手作りすることを決断しなかったら?こんなに楽しい世界は知らないままだったのだと思うと、少しでも何かお伝えすることができたらなと思います。

現在はプリザーブドフラワーも進化し、たくさんの綺麗なお花が誕生しています。そんなお花でぜひ素敵なブーケをお作りいただければ嬉しいです。

プリザーブドフラワーのことについて、ご不明な点がありましたらいつでもお問合せください。

お電話、メール、LINEで承っております。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

株式会社マリアージュカンパニー
フラワーマリアージュ
代表 松尾弘美

★ご質問はカンタン★
LINE@はこちらのQRコードから登録可能です。

——————————————————

ふらわーカンパニーグループ
プリザーブドフラワー教室
フラワーマリアージュ
代表  松尾弘美

大阪校
tel 06-6225-2273
hp http://flower-mariage.jp/
blog http://ameblo.jp/flowermariage/

東京恵比寿校
tel 03-6303-1892
hp http://flower-company.co.jp/
blog http://ameblo.jp/flowermariage-tokyo/

神戸校
tel 078-242-1055
hp http://flower-ruce.jp/
blog http://ameblo.jp/ruce-kobe/

グループ校
名古屋校/埼玉校/京都校/横浜校/福岡校

関連記事

  1. プリザーブドフラワー

    結婚式のブーケ制作をきっかけにプリザーブドフラワーの資格を取得

    株式会社マリアージュカンパニーフラワーマリアージュの松尾です。…

  2. プリザーブドフラワー

    海外挙式で上手にブーケを持ち込みする方法 

    青い海と広い空の下でウェディング。海外挙式は憧れますね。せっかくなら自…

  3. プリザーブドフラワー

    結婚式までに準備したい!手作りできるウェディングアイテム5選

    結婚式で手作りのアイテムに囲まれて温かい結婚式をしたい!最近は「DIY…

  4. プリザーブドフラワー

    手作りブーケレッスン当教室のこだわり

    「失敗しないウェディングブーケの作り方」 当教室のこだわりを…

  5. プリザーブドフラワー

    手作りのブーケが完成するまでの流れをお伝えします。

    結婚式でオリジナルブーケを手作りしたい…でもはじめてで不器用だし綺…

  6. プリザーブドフラワー

    プリザーブドフラワーの資格取得で学べること

    株式会社マリアージュカンパニーフラワーマリアージュの松尾です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

松尾弘美 プロフィールページ
  1. プリザーブドフラワー

    人気急上昇 花嫁様に人気プリザーブドフラワーのリースブーケ
  2. 両親贈呈品

    結婚式で新郎新婦から両親へ贈る花束贈呈とは?
  3. 【Q&A】ブーケについて

    手作りブーケを検討する際に知っておきたい3つのこと
  4. リストレット

    プリザーブドフラワーで作る結婚式のリストレット
  5. プリザーブドフラワー

    海外挙式で失敗しないウェディングブーケの選び方
PAGE TOP